2015年7月9日木曜日

THE SQUAREの名曲「TRUTH」のハイレゾレビュー

F1のオープニングで超有名な「TRUTH」です。
この間まで近くのヤマダ電機の店内BGMになっていました。

そんな超有名曲がDSD音源になってリリースです。

この間320kbpsの音源買おうか迷ってたのですが、DSDがリリースされると聴いてちょっと待ちました。

ハイレゾの商品説明を引用させていただきます

1987年に発表された12thオリジナルアルバムはF1グランプリのテーマソングとしてあまりにも有名なアルバムタイトル曲『TRUTH』が収録。スピード感あふれる曲からスローなナンバーまで、スクェアの魅力が凝縮されたアルバムに仕上がってる。全曲アナログ・マスターからリマスタリング。エンジニアは世界的に最も著名で信頼性の高いマスタリング・スタジオの一つ、ロンドン・メトロポリス・マスタリングにて、全世界、数多くの名立たるアーティストのマスタリングを手掛け、その確かな技術力と感性でジャンルを超えて活躍している、マゼン・ミュラード(Mazen Murad)氏。
【オリジナル発売日:1987年4月1日】
【2013年リマスター
MEMBERS 安藤まさひろ、伊東たけし、和泉宏隆、則竹裕之、須藤 満 
SUPPORT Kiyohiko Senba

 アナログマスターからのリマスタリングということです。
また、ロンドン・メトロポリス・マスタリングスタジオは、T-SQUARE 35th Anniversary 「THE BOX 2013」の時もそのスタジオでリマスタリングが行われた所謂信頼のあるスタジオです。

DSDは特殊なもので、いつも私がflacをwavに変換しているソフトでは読み込めなかったのでDSDをリニアPCMに変換するソフトを新たに探して使用しました。
ちなみに、そのソフトの名前は「TASCAM Hi-Res Editor」です。
DSDをサンプリング周波数384kHzまで、ビット深度は16/24/32(float)bitのリニアPCMに変換することが出来ます。

で、先ずは384kHzに変換してみました。
サイズやべえ
と、いうか元のDSDよりかなりサイズ大きくなってるんで絶対無駄な所多そう。

そっから周波数解析をしてみると、
つまりそういうことだ

35kHzくらいまではちゃんとした音が入っているが、35kHzから50kHzまではDSDのノイズ、ソレ以降は音は入っていない模様。
じゃあ、リニアPCMに変換するなら96kHzだなということがわかった(moraでDSDじゃなくてflacで配信されてるのが96kHzだしたぶんあっちも同じ

96kHzに変換したのがこれ。
うーんいい感じ
ちなみにEWIの倍音がヤバイです
video

ちなみに、DSDだけあって音は最上級

初めてDSD音源買いました(持ってたのは持ってた)

が、文句が一つ。

アルバムまとめ買い強制は何とかなりませんかね…

0 件のコメント:

コメントを投稿