2014年8月23日土曜日

バランスHPA作成&MDR-EX1000をバランス化してみた!


お久しぶりです。かずきちです。
最近ブログのネタが尽きてきましたが、そんな中ブログの記事にしなければならないと直感した出来事がありました。
それは、

1…バランスヘッドホンアンプを作った!
2…それに合わせてMDR-EX1000をバランス化してみた!

これら2つをこの記事に綴っていこうかなと思います。
バランスヘッドホンアンプに興味をもったのは、この記事のお陰(?)です。

LME49600バランスヘッドホンアンプキット

この後Twitterにて頒布者の方とコンタクトを取り、基板と部品のセットを購入しました。

セットを購入後、秋月電子通商で追加の部品を発注しました。
お盆休み期間だったので、なかなか発送されませんでした…Amazonのあの速さになれると発送に2日がえらく遅く感じますね…

そして、eイヤホンにてEX1000の0.6mケーブルを購入しました。
それは当日発送翌日到着でした。
速いです。

まずはじめに到着したのが、EX1000用の0.6mケーブルです。


4530円です。

早速ですが、
どーん

切断してみました。
噂通り、4芯です。
赤がR、緑がLです。

この状態のままでは電気を通さないので、プラグ側とイヤホンに接続する側をライターで炙ってエナメルコーティング(たぶん)を溶かしました。
炙ったあとは、赤とか緑の色も溶けてぜんぶ銅の色に。
根元の部分は溶かしてないので、そこで判別します。

また、もともと0.6mと短いのにさらにプラグ部分を分離して短くなってしまったので、家にあったSONYのステレオミニ-ステレオミニのケーブルから延長用に拝借します。

EX1000の銅は7N-OFCですが、こちらのケーブルは通常のOFCケーブルです。

作業途中の写真取るのバッチリ忘れてました…

で、数日後に基板と部品のセットが到着しました。 
取り敢えず抵抗とダイオードをつけて

ここで何を思ったか、
背の高いコンデンサやフィルムコンデンサたちをはんだづけしてしまいました。
これがあとから影響してきました…

基本的にはんだづけは背の低い部品からはんだづけするのですが、その鉄則を破ってしまいましたね

その翌日、やっと秋月電子通商から部品たちが到着しました。
左上のピンク袋と左下のと真ん中のがオペアンプとか。
コガネムシみたいな色してるのがオーディオ用のニチコン製コンデンサ。
黒い棒に金色の足みたいなのが出てる、ビジュアルがムカデみたいなのが至って普通のピン。
足が3本あるのが3端子レギュレータ

で、まあここまではんだづけしました。
この写真ではジャンパ接続するべき部分を接続してなかったので、いざ完成して音を聴いてみようかという場面で大変なことになりました。
耐熱電子ワイヤーをよじって、バランス出力端子の接続に使います。
電源部も同じようによじります。
よじりコードの先には、ACアダプタのプラグとジャックが。
ハンダが汚いのは許して…
こちらのアンプ、入力が
Rch、+/-/GND
Lch、+/-/GND
の、6つあるのですが、今回はアンバランス入力で行こうと思うので、-端子は使わず、プラグのColdをGNDに接続します。
で、完成したのがこちら。
カニ缶が置いてありますが、これ、ケースに入れない場合はどこにも接続しなくてもいいみたいですね…

ちなみに、EX600/800ST/1000の端子は共通なので、このケーブル作ってしまえば3つの機器でバランス化を実感できるということです(それを言ったらMMCX端子採用だったらどれだけの機器でバランス化を実感できるのか…

しょっぱなEX1000を接続するのは怖かったので、まずはEX800STで。

先述の通り、ジャンパ接続を忘れていたので音量最小でも音が割れてました。
で、説明書を読み返すと、ジャンパ接続の部分を忘れていたことがわかり、急遽工廠に入ります(軍需品じゃないですけど…

そして再度接続してみると、バッチリいい感じに音が出ています。
EX800STからEX1000に変えるときに、カニ缶が落下してはんだもろともとれてしまいました。
かなしみ。
もともとなくても良いものなので、もうこのカニ缶はリサイクルに出します。

さて、EX1000に変更してみました。
Walkmanに直差ししてもよし。

標準ステレオのやつに変更して

UDA-1と接続するもよし。

大改造計画が立てられているうちのCDプレイヤーにつなぐもよし
様々な使い方ができます。

こちらぜんぜんエージングも何も済んでないのですが、
まさに
「今まで聞こえなかった音が聞こえる!!」
てな感じ。

いやはや、搭載されているオペアンプとかの味付けもあるんでしょうが、確実に音質アップに貢献しています。

もともと高音質なEX1000ですが、更にちょいと上を行きます。

ただ、これは確実に持ち運びには向かないでしょうね…

熱収縮チューブを買っていたのですが、何故か既に収縮されていてただのチューブになっていたので、マスキングテープにて絶縁です。

8月24日追記
さて、問題点が出てきました。

「バランスヘッドホンアンプを通すとUDA-1のホワイトノイズが増幅してしまう」

という問題です。

Walkmanと接続してもホワイトノイズはないので、これはUDA-1のインピーダンスが高いのが問題であると思われます。

さすがに、あのホワイトノイズの大きさで音楽を楽しむのはきついので、UDA-1+バランスヘッドホンアンプでの運用は諦めざるを得ません。
なのでCDプレイヤーとWalkmanしか接続相手がいません。
しかもCDプレイヤーはいま大改造計画の中なので、実質の接続相手はWalkmanのみ…

秋月電子通商には早く大改造計画に必要な部品を発送していただきたいですね。
土日は発送作業をしないというのが地味に痛いです…

8月27日追記
CDプレイヤーの大改造計画が終了し、無事改造完了したCDP-970と接続したら、ホワイトノイズも増幅せずにいい感じの音を奏でてます。
家ではCDP-970とバランスヘッドホンアンプのコンボになりそうですね
また、ケースがそろそろ必要かな…と感じ始めてきました。なんか良いケースないかな…

そして、色々終わったあとに息抜きにSLやまぐち号を見に行きました。
JR山口線は、ちょうど1年とちょっと前に大雨の影響により途中から線路が使い物にならなくなってしまったようで、その修復がやっと2014/08/23に終了、全線復旧しました。
どこかで聞いたのですが、出した修復費用は山口県>JR西日本だそうです。

県に大部分出させるんかい…

で、今日のSLやまぐち号は、「貴婦人」「ポニー」の2機が先頭にあって、2機で運行してたらしいですね。

いいリフレッシュになりました。

ただ、SLが通り過ぎたあとはアレでしたけど…

0 件のコメント:

コメントを投稿